出会い系の体験談

僭越ながらここに私の出会い系で体験した思い出を綴ります。マッチングアプリってこんな人もいるんだ!って参考にしてくれれば幸いです。

スペック:20代女性 看護師

プロフィール作成後・・・

私は「看護師」と言う職に就いており、素直に職種欄に「看護師」と記入しました。3時間位して数人の男性会員からの「イイね」が届くようになりました。看護師の魔力はすごいと実感しました。3人の男性とマッチングしてメッセージ交換をスタートしました。

出会い系 ランキング

私が使った出会い系アプリは、上のサイトのランキングに書いてあるどれかのサイトです。

男性会員Aさんの場合

「夢はある?」「今の仕事満足してる?」「健康のセミナーが有るんだけど参加してみない?」とAさんからのメッセージは夕方の時間から開始します。「日中、仕事をされているのだろう」と私は思い普通に夕方の仕事終了後に、ペアーズにログインしてAさんとメッセージのやり取りをしていきました。

「今の仕事は看護師だけど、キツイ日はあるね」とメッセージを送ると「楽しく稼がない?セミナーが有るんだけど・・」「セミナーのチケットが1000円だから、俺が予約するよ。お金は後払いで構わない」とメッセージが来たのです。

「何か変だ。チケットとかセミナーとか何だ?」と思いAさんに、

「どんなセミナーですか?医者とか呼ぶんですか?」とメッセージを送ると「マルチビジネスのセミナーだよ」と返信が来ました。すぐに気づきました。今、流行っている「アムウェィ」「ニュースキン」の会員が、勧誘のためにペアーズを使っている事が有ります。

「夢がある?」「今の仕事に不満ある?」「ビジネスを一緒にしようよ」と言うメッセージは要注意です。又、Aさんのフェイスブックを見ると、マルチビジネス仲間との写真やパーティーやセミナーの写真、高い化粧品や健康食品、サプリメント、電化製品の写真が掲載されていました。

マルチビジネスに勧誘するために、会員は恋愛商法と言う手技を使って来ます。

一度だけ、「ニュースキン」の男性会員さんとお茶をしたことが有りますが「今の仕事満足してる?」「君は優しい。また会いたい」と言われました。相手の男性は、長身で見た目はイケメンでした。

連絡先を交換し「セミナーが有るんだけど・・」と連絡が来て「これは、恋愛商法だ!」と気付き、電話を拒否しました。婚カツや出会いと言うより、自身の儲けを優先にしています。「健康に興味ある?」「セミナー参加しないか?」等の、メッセージは要注意です。

 

男性会員Bさんの場合

Bさんは、朝から夜まで、メッセージが毎日来ていました。私からの返信が遅れると「他に、気になる人出来た?」「何で遅れた?」とメッセージがしつこい位来ていました。

Bさんの職種欄には、デザイン関係と書いてあり、「きっと何かをデザインするお仕事なんだろう」と思っていましたが、Bさんは、あまりにもしつこいため、マルチビジネスのAさんより、ログイン時間が、朝起きたら1時間。昼休みに1時間。夕方帰って来て寝るまでの時間にログインをしていました。「何で、この人、こんなにメッセージ送れるんだ?」「こっちは、看護師の仕事で毎日大変で時間無い位なのに・・」とイライラしてしまい「お仕事はどんな物をデザインするんですか?」とメッセージを送りました。そうすると「今は、求職中で実家暮らしなんだ」「家事手伝いをしている」と返信が来たのです。「何で、私にメッセージくれるの?」と送ると「看護師さんだし、何か将来安心じゃん」「優しいから、俺は安心している」と返信が来ました。養ってもらう気満々な会員Bさんを、私はすぐに、ブロックしました。男性会員の中には、職種を偽っている人もいます。気を付けましょう。

Copyright© プロジェクト アルカ , 2018 AllRights Reserved.